ダイヤル・サービス株式会社今野由梨社長との面談

LSNow6月号原稿 巻頭対談 (20090519

経済金融研究所 代表 加藤比呂人氏

 経済は心の問題・経営は人間の力日本の伝統的な精神文化を経済経営に生かす 

今野 加藤さんは、どういう経緯で日本、中国、インドの古典を勉強されることになったのですか。

 

加藤 役所で仕事をしていたとき、日本が、巨額な経常黒字を出すのは、日本が閉鎖的で、文化的に異質の国だからだという論調がありました。私は、日本の文化は西洋とは異なったものがあるが、むしろすばらしいものと思いました。日本人はこれに基づくのが正しく、日本がそれを生かしたから経済大国になれたのだと、このように考えて、伝統的な日本文化の源流に遡りました。また、会社の経営は最後には人間の力ですが、歴史によって研ぎ澄まされた古典は人間の力を形作っていくような力がありますので、経済やを学びながら、その道へ行きました。

 

今野 当時はアメリカが日本の経営を学んでいましたね。そのアメリカが、経済、金融の世界のリーダーであったアメリカが、今のような状態になったのは何が起こったのでしょうか。

 

加藤 お金が上手く生かされるように必要な所へ結び付けるのが金融の役割です。今回アメリカは上手く生かされない所に流してしまいました。お金を貸すのは難しいもので、誠実で能力の有る人達に流せば、良い効果が生まれます。しかし生産的でないところに無計画に貸してしまった。リスクは分散していて高くないと皆が考えたが、全部だめになったというわけです。

 

今野 かつて私はベンチャーとして、銀行からなかなか貸していただけませんでした。ベンチャーや信用力の低い方などのへの資金供与というのはどのようにお考えでしょうか。

 

加藤 社長のその後のご活躍を拝見すると、もっと積極的に応じるべきだったと当時の銀行の担当者は考えるかもしれません。ベンチャーへの資金供給は必要だと思います。そのためには金融機関には、経営者の人間性や将来性を含めた審査能力が必要です。企業側にも金融の知識や、企業の能力を表現する技術が求められます。サブプライムローンの問題は、借入3年後以降には年収以上の返済が必要になるという、住宅価格が上昇しなければ破綻する、貸してはいけない枠組の下で貸付をしたことです。

 

今野 ノーベル平和賞を受賞した、バングラデシュのグラミン銀行は、貧困層の女性を主な対象とした小額融資を行って、ほとんど事故が無いと言われますが、その差は何でしょう。

 

加藤 グラミン銀行では人をよく見ています。信用を失ってはいけないという思いが借り手に強い。二宮尊徳先生の五常講と同じだと思います。

 

今野 私達は、一番大事なのは信用と考え、借りたものは必ず返すものと考えます。グラミン銀行から借りる女性も同じでしょう。それとアメリカの借り手との間に、お金に対する基本的なモラルの乖離を感じますが如何でしょう。

 

加藤 基本的には途上国より先進国の方がモラルハザードは少ないのです。しかし先進国でおきれば高度かつ複雑に発達している市場型金融の仕組みの下では影響が大きいということです。お金は人間の品性を高めることも、低めることもありますから、金融技術の高度化にともない品性を高めることが大切です。渋沢栄一、二宮尊徳、石田梅岩、山田方谷の諸先生方の考え方が参考になります。経済問題解決の鍵です。

 

今野 混迷の今、加藤さんは日本の精神文化と経済活動とを繋げて語られるので興味深いですね。

 

加藤 経済は心の問題が大きいと思います。数字も大事ですが、それだけに留まってはなりません。経済統計は静学的だが経済・経営は常に動いており、動かすのは人間です。辛い大変な状況でもへこたれずにやっていく人がいます。そのような人達には武士道的なものとか、日本の伝統的な精神文化に通じるものがあります。

 

今野 今一番皆に伝えたい言葉は何ですか。

 

加藤 私の研究所の合言葉が「まこと あかるさ おもいやり」です。神道の清明心、儒教の仁、仏教の慈悲の教えを基にしたものです。私はこれを大事にしたいと思います。

 

今野 私が、苦境にあるベンチャーの人達に言った言葉が「生き恥を晒せ」です。倒産しても恥をかいても、生きて、生きて、生き抜いて、立ち直って、また世のため人のためになる生き方を見つけることこそがベンチャーだから、生き恥を晒すことを恐れるな、と。

 

加藤 生き方が正しければ、失敗も将来役立つ智恵に

なります。そういう方々も応援したく思います。(TEL03-5282-7943 FAX03-5204-8708)

 

今野 是非お願いします。是非人を育ててください。

特定商品取引法に基づく表示

販売業者 経済金融研究所 加藤隆一

所在地 100−0005 東京都千代田区丸の内1−9−1 EA385

責任者 加藤隆一

商品販売価格 商品ごとに定める(消費税は含まれています。)

代金支払いの時期 前払い

方法       銀行振込み

商品引き渡し時期 注文後およそ1週間以内(2週間以上不着の場合はご連絡ください。)

返品・交換 商品ごとに定めます

お問い合わせ ファックス03−5204−8708

(電話は03−5282−7943ですがご遠慮願います。)

電子メール    keizaikinnyu●gmail.com

           ●は@

苦しいときほど解決は近い

 あえて苦しみを求めることはありませんが、多くの素晴らしい発見や商品などは客観的にみると苦しい場面で行われることが多いようです。

 しかし、主観的にそれを苦しみと感じず、むしろさまざまな解決されるべき問題点が、解決不能になる前に発生したと考え、前進したときに解決策が思いついたり、解決が行われることが多いようですし、私にもそのような経験があります。

 物事のすべて感謝して、自分を支えてくださっているものに思いをいたすとき、自分がいかに幸せであるかに思いがいたります。そうすると目の前の問題がいかに小さく、それ以上に自分を支えてくれている同僚、部下、家族、お客様などの今までの恩というのがいかに大きいかがわかります。

 そうすると解決が困難な問題というのは、自分の能力を高めるために提示された練習問題なのではないかと思えてきます。自らの誠意をもってすれば不可能な問題はないはずです。

 

メルマガの見本です

あきらめること、あきらめないこと。

 

 物事はあきらめる(あきらかにする)ということは大切です。おこってしまったことは仕方がないことです。

しかし、そのような正しい知識が得られると、今度はあきらめなければ、大きな可能性が広がるのではないでしょうか。

 

 私が小さい頃には海外留学などは夢のまた夢でした。しかし、小さい頃から自分の学んだことを活かして世のため、ひとのために生きたいと考えていたように思います。いま米国の大学院で修士号と特別研究生の資格をとり、外国でも講演できるようになりました。

 

 人によっては芸術の才能であり、実業であり、政治活動であり、教育であったりします。さまざまな困難があり、明らかになると難しいことがでてきます。しかし諦めなければ、むずかしいことは将来のための練習問題として挑戦することができます。

 

 ものごとを達成した人は、あきらめることをあきらめ、あきらめてはいけないことをあきらめなかったのではないでしょうか。

メールマガジン見本

感謝ということの大切さ

 

 世の中には感謝することが多いと思います。朝起きれば、太陽がでています。水道をひねれば水がでます。道路を何事もなく歩いていったり、あるいは自家用車で職場にたどり着きます。多くのお客様のお陰で自分の糧を養うことができ、また、サービスを提供することでお客様がよりよい方向に進んでいただけます。

 

 これらはすべて、自分だけではできません。周囲の自然や(信仰を持っていらっしゃる方は神様や仏様でしょうか)、周囲の人々がそれぞれの責任を果たしてくださっているからです。

 

 春日大社の葉室頼昭長老のご本はよく拝読するのですが、神道が感謝のこころであるというのはよく理解できます。(知的な理解であり、全身全霊の理解はまだ不十分であると思います。)

 

 日本という豊かな国に生まれ、多くの人に支えられて生きていくことに日々感謝していこうと思います。

11月13日鹿島勤労文化会館で盲目のソプラノ歌手田中玲子先生の講演があります。

非常に立派なかたというのでご紹介いたします。

(鹿島神宮で紹介されました。)

11月13日時間は午後6時からだそうです。

http://step.sopia.or.jp/kcs/kinbun/

朝礼に使える古典

立派な人はそのこころを誠実にします。

 

君子必誠其意

くんしはかならずそのいをまことにす。

 

中国の四書五経のうちの大学は、論理的に人間の歩むべき道を示しています。

立派な人がものごとをなすには、正しい知識に基づいた、正しい思いが必要です。

それは自分を欺かないこと。

そしてそれは外からも分かります。

ですから一人でいる時こそ立派にしましょう。

自分が誠意ををもって行動し、家庭、国、全世界に及ぼそうというのが大学の趣旨だと思います。